自然栽培に学んだ!無投薬・無医療での病気治療TOP > 自然栽培に学ぶ!無投薬・無医療のためのコラム集 > サプリメントの知られざるワナとは!?

サプリメントの知られざるワナについて

 
【このページでお伝えする内容】

 


●糖尿病でもないのに糖尿病のクスリを飲む?そこに秘められたワケは?
●ある時はクスリ・ある時はサプリ、その二面性に迫っていく!
●サプリメントはおせんべいやチョコと同じ、それが意味するものとは?
●知らないでは済まされない!現代サプリ事情にズバリ斬り込む!

 




サプリメント。


粒状であったり、粉末や顆粒であったり、または液状であったり。


コンビニやドラッグストア、通品販売などですっかりおなじみになっています。最近では自然食品店や自然食の宅配などでも普通に扱われ、すっかり市民権を得ているようです。


「クスリは飲みたくないけど、サプリメントならいいかもしれない・・・」、


そうした安心感があるように思います。


だってそうですよね。クスリを買えば、服用規定があって、“1日何錠まで”とか、“寝る前に飲むな”とか、“副作用は云々・・・”といった具合に、注意が細かく添えられています。でもサプリメントには、「1日何錠」といった記述はあるものの、副作用については書かれていないのですから。安心感を抱くのも当然なのかもしれません。


でも・・・、もしあなたが飲んでいるサプリメントが正真正銘のクスリだったとしたらどうでしょうか?


心臓はどこも悪くない、それなのに心臓病のクスリを飲み続けているとすれば平気でいられるでしょうか?服用規定や副作用を知らされないままに・・・。


「そんなことあるはずないじゃん!」、そう思うかもしれません。


でも実際にあるのです。売れ残ったクスリがサプリメントに変わって販売される。そうしたケースは少なくないのです。


医薬品として販売していたときには、服用規定があった。副作用についてもきちんと明記されていた。でもサプリメントに変わった瞬間に一切書かなくてもよくなってしまう。


これは一体どういうことなのでしょうか?


答えは、サプリメントは「食品」だからです。扱いは、おせんべいやクッキー、チョコレートと同じ。チョコレートの箱に「1日5粒まで」とか「副作用は○○」と書いてないのと同じになります。


だから何錠という目安はあっても、それ以外は記述しなくてもよいというわけです。


例えば「アルファリポ酸」。


そもそもは「糖尿病」のクスリです。


にも関わらず“若返る”とか“抗加齢”とかを唱ってかなり人気のようです。糖尿病でもなんでもないのに、副作用については知らされぬままに。宣伝文句で言われるがままに。


「糖尿病のクスリだったことは知っているよ。でも私はそれで構わないのだよ」


そう腹を決めているなら良いのかもしれません。でもほとんどの人は知らずに飲んでいるのではないでしょうか。問題は製造工程を含めて、きちんと情報が開示されていないことにあるのです。


サプリメントが隆盛を極める背景には、「食の弱体化」があります。


たとえば味噌や醤油などの発酵食品には私たちに必要なさまざまな栄養素がたくさん詰まっています。アミノ酸、ビタミン、数々の有機酸などが豊富に含まれているのです。それが食を通して私たちの生命に必要な活動源となっているのです。


でも1日やそこらで作られたお酢や速醸された味噌、肥料漬け・農薬漬けのお米や野菜にそれを望むことは不可能といわねばなりません。サプリの氾濫は食品の弱体化と表裏一体、アメリカの調査では野菜の栄養も50年前の10分の1くらいにまで落ちているといわれます。


日々の食べものが私たちの今日、そして明日の健康を担っているのですから、何を選び・何を選ばないかの選択は極めて重要です。サプリメントや健康食品は、たとえ天然成分や有機の原材料を使っていても、それはごく一部。残りは人工の添加物であり化学物質であることを忘れてはならないのです。


問題はカンタン便利に大量の栄養分を持ってきて、即座に“健康になろう”とする発想にあります。


サプリメントなどに安易に手を伸ばす前に、毎日の基本的な食べものをきちんと選ぶ。肥料も農薬も必要としない自然栽培のお米や野菜、そして自然本来の発酵食品。これらを日々食べる。そうすればサプリメントは必要ないはずです。


結局のところ命あるものに「より速く、より多く」を求めてはならない。求めれば犠牲になるのは「味」と「安全性」です。サプリメントにどんなに栄養が詰まっているとしても、そこに生命はないわけですから。人に良いと書いて食と読みます。その意味をしっかりかみ締めていきましょう!


今回はサプリメントから私たちの健康について考えてみました。



次へ:食べものとクスリとを分ける最大のポイントは?


TOPへ
 

自然栽培に学ぶ!無投薬・無医療のためのコラム集記事一覧

味をつけると味を引き出すの違い・食の人類学

【このページでお伝えする内容】 ●ちょっとだけ「考古学」をかじって知的になれる!デートや商談、知的 おしゃべりに向けたネタを仕込める。●味覚は国によっ...

トロから考える・無投薬無医療のための食材考

【このページでお伝えする内容】 ●トロが見向きもされなかった時代。刺激が刺激を生む、現代食事情とは?●温故知新、祖先の食を知ることは食の自然を知ること!そ...

自然な味覚のあり方とは?五感食のススメ!

【このページでお伝えする内容】 ●食べものを口に入れること、その重大さが分かる!●味覚は4つに分類される!?味覚が発する静かなメッセージが分かる!●味...

土に生き・土に還る!地温と体温の関係とは?

【このページでお伝えする内容】 ●もはや土も太陽もいらない時代。農業に起こる変革とは!?●土に学ぶ、低体温を防止のための方法とは?●自然栽培・成功のた...

自然との触れ合いに学ぶ・医者もクスリも不要の生活術

【このページでお伝えする内容】 ●なぜ旬や鮮度が大切なの?食べること、その本質が分かる!●自然と触れ合うことの意味。心と体に与える影響とは?●いまだ分かってい...

現代の正義!?地球温暖化問題と二酸化炭素犯人説は本当なのか!

【このページでお伝えする内容】 ●気候が体に及ぼす影響、ココだけの新たな視点が身につく!●地球温暖化は本当に問題なの?地球のリズムからその真相を読み解く!●二...

湿気大国・ニッポンを住居の視点から考える!

【このページでお伝えする内容】 ●湿気と上手につきあうための基礎知識を先祖に学ぶ!●紙と木の文化から汚染状況を回避するためのヒントが見えてくる!●日本料理に油...

サプリメントの知られざるワナ

【このページでお伝えする内容】 ●糖尿病でもないのに糖尿病のクスリを飲む?そこに秘められたワケは?●ある時はクスリ・ある時はサプリ、その二面性に迫っていく!●...

食べものとクスリとを分ける最大のポイントとは?

【このページでお伝えする内容】 ●食べものとクスリを分けるシグナルとは?クスリになくて食べものにあるものとは!?●いまこそ見直す時がきた!本能はきちんと見分けてい...

電子レンジの何が危険でどう不自然なの!?

【このページでお伝えする内容】 ●誰も教えてくれなかった知られざる電子レンジの秘密とは?●旨みが旨みでなくなる時、電子レンジが構造を変える?そのイミとワケとは...

食が歴史を決定する・ナチュラルライフの食文化考!!

【このページでお伝えする内容】 ●衣食住、ライフスタイルが歴史を作る!そのイミとワケとは?●連夜の宴会・極度の運動不足が決め手?平家滅亡は生活にあった!そのイ...

病は気からのナチュラル医療学!

【このページでお伝えする内容】 ●怒り、イライラ、めげてしまう・・・。それが体に与える重大な影響とは?●ガンの患者が何よりもまずしなければならない動作とは? ...


 
inserted by FC2 system